ドイツに行きたい日本人の方には、主に4つの種類のビザを取得することが可能です。 語学学生ビザとワーキングホリデービザ、場合によっては観光ビザでも十分です。 大学留学の場合は、大学生ビザが発行されます。ビザの詳細、メリットなどについては、以下をご覧ください。

お客様の目的によってお勧めできるビザが異なります。短期間だけドイツ、または海外に住んでみたい方は観光ビザでも十分です。観光ビザにはメリットが沢山あります。

アルバイトなどの仕事はできませんが、通常のビザ取得のための申請は不要です。その上に銀行口座、住民登録などの必要もありません。観光ビザは3ヶ月間しかドイツに滞在することができないため、長期でドイツに滞在することをお考えの方はその他のビザを取得する必要があります。

語学学生ビザが一番人気のあるビザです。語学学校で週20時間以上の授業を申し込むと、最長2年まで滞在可能なビザの発行ができます。大体の語学学校は週20時間学べるクラスを提供しているため、語学学生ビザを取得したい方は申し込みについて心配する必要はありません。語学学生ビザを取得する場合、住民登録などをする必要があります。

更にドイツの銀行口座を開設する必要があります。又、生活できることを証明しないとビザの発行が許可されないため、ビザを申し込む前に月861€(金額は変動する可能性がある為、公式な情報にて事前に確認することをお勧めします。)をドイツの銀行口座に振り込み残高証明を提出しなければいけません。語学学生ビザのデメリットは、アルバイトなどの仕事を一切できないことです。

 

ドイツでアルバイトをしたい場合、どうすればいいですか?

現地で働いてみたいという方に向けて、ワーキングホリデービザがあります。ワーキングホリデービザで週20時間アルバイトをすることが可能です。また、1年間有効なビザなので、留学中に働いてみたいという方にピッタリです。ワーキングホリデービザの取得条件は、2000€の残高証明のため、語学ビザよりも手軽に申し込むことができます。しかし申請資格が18歳から29歳までなので申請を検討されている方は要注意です。

大学留学の場合、どのビザがいいのですか?

ドイツの大学に入学すると、大学生ビザを取得することができます。大学生ビザは基本的に最長4年までの滞在が許可されるため、卒業まで心配する必要はありません。入学する前に大学準備コースに参加する場合も大学生ビザを取得することができます。大学生ビザは週/20時間までアルバイトをすることが可能です。

適用期間はどうですか?

適用期間はビザによって異なります。観光ビザは事前に申し込む必要がなく、空港で取得できるので、何も準備する必要がありません。他の三つのビザの適用期間はおおむね3ヶ月間かかりますが、出国前に申し込む必要はありません。観光ビザで入国し、銀行口座開設等を準備してからビザを申し込むことがオススメです。ビザに関する詳しいお話はカウンセリングにて詳しく説明致しますので、ご安心下さい。

Scroll to Top